サービス利用規約

第1条(規約の適用)

  1. 本規約は、合同会社A C T(以下「当社」といいます)が管理・運営するインターネットウェブサイト「コドモタイケンナビ」を通じてゲストがタイケンナビのサービス(次条の定義に従います。以下「本サービス」といいます)を利用するにあたり、ゲストが行う一切の行為に適用されるものとし、ゲストは、本規約に同意のうえ本サービスを利用するものとします。
  2. 当社が本サービス上において提示する諸注意等(以下「諸注意等」といいます)が存在する場合には、諸注意等はそれぞれ本規約の一部を構成するものとします。
  3. 当社は、ゲストが本サービスを利用したことをもって本規約に同意したものとみなします。

第2条(本サービスの定義および契約の成立)

  1. 本サービスとは、ゲストが自らインターネットを通じて、パートナー(次項の定義に従います)が予め登録したプログラムの予約を行うことを可能にするサービスをいいます。
  2. コドモタイケンナビに掲載されているプログラムを提供する団体(以下「パートナー」といいます)は、自己の責任において、体験ツアーを提供しており、当社は、体験ツアーの提供に関し何らの関与もしません。
  3. ゲストが、自らインターネットを通じてプログラム提供サービスの利用に係る予約の申込みをした場合、当該予約の申込みにつき、コドモタイケンナビシステム上で「予約番号」が発行され、本サービスの画面上に明示された時点をもって、パートナーとゲストとの間に当該体験ツアーに係る契約(旅行契約またはツアー体験契約等を指します。以下単に「ツアー体験契約」といいます)が成立するものとします。ただし、通信事情、コンピュータの不具合など何らかの事情で、「予約番号」が発行されたにもかかわらずゲストのコンピュータの画面に表示されなかったとしても、ゲストがコドモタイケンナビの「予約照会/変更/取消」機能を使用して、予約内容を確認できる状況になれば、ツアー体験契約は成立するものとします。
  4. 前項の場合、当社は、ツアー体験契約の成立を証するため、「予約番号」を記載した「予約確認メール」をゲストが予め指定するメールアドレスに配信します。但し、通信事情や当該メールアドレスの誤記等、当社に責のない事由に基づき「予約確認メール」をゲストが受信することができない場合等の事態が生じても、ツアー体験契約の成立に影響を与えるものではありません。
  5. ゲストが、コドモタイケンナビを通じてプログラム等の利用に係る予約の申込みをした場合、コドモタイケンナビのオペレーターがゲストに「予約番号」を通知した時点をもって、パートナーとゲストの間にツアー体験契約が成立するものとします(ただし、コドモタイケンナビでは、プログラムに係る予約受付のみの取り扱いとします)。
  6. 本条の定めに基づきパートナーとゲストとの間でツアー体験契約が成立した場合、ゲストは、当該パートナーにて別途定めるキャンセル料の負担等の義務が自己に生じることを承諾したものとみなされます。

第3条(本サービスにおける利用料金の考え方)

  1. ゲストは、パートナーの提供するプログラムの空き状況またはパートナーサービスの利用に係る料金(以下「利用料金」といいます)等に関する情報が、他の媒体で提供される情報と異なる場合があることを了承します。なお、掲載施設の提供する利用料金には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」と総称します)が含まれておりますが、サービス料やその他諸税(入湯税・ホテル税等)については含まれている場合と含まれていない場合があります。
  2. ゲストは、パートナーの提供する利用料金が変更されることを了承します。変更後の料金は、変更後にツアー体験契約が成立したゲストにのみ適用され、変更前にツアー体験契約が成立したゲストには変更前の利用料金が適用されます。
  3. ツアー体験契約成立後に利用料金が変更し、その後、ゲストが予約内容を変更した場合、当該ゲストには変更後の利用料金が適用されます。但し、変更内容が、宿泊日数及びサービスの変更又は一方の減少に限られる場合、当該ゲストには変更前の利用料金が適用されるものとします。

第4条(予約の変更・キャンセルの成立と無連絡キャンセルの禁止)

  1. ゲストは、パートナーのプログラム等の予約をキャンセルする場合、コドモタイケンナビの「予約内容照会画面」を通じて、予約内容を確認の上、インターネットを通じた予約はインターネット上で、キャンセルの手続きをすることとします。
    なお、インターネットを通じて予約したゲストは、予約内容照会画面における「インターネットからの変更可能日時」を超えて予約をキャンセルしようとする場合、自己が予約したパートナーに対して直接連絡のうえ、速やかにキャンセルの手続きをすることとします。
    但し、ゲストが、自らの予約内容の確認に必要な予約番号が分からなくなった場合や、予約番号と確認キーが記載されたメールが何らかの事情でゲストに到達しなかった場合等、予約内容の確認が困難又は不可能な状況となった場合、ゲストは、コドモタイケンナビ上の「予約内容照会画面」を通じて、予約番号と確認キーが記載されたメールの再送信を当社に請求し、当該メールの受信後すみやかに、キャンセルの手続きをすることとします。
    万一、再送信されたメールが、何らかの事情で当社所定の期間内にゲストに受信されなかった場合には、ゲストは、当社の指定する連絡先に対して問い合わせを行なった上で、当該パートナーに対し、キャンセルの手続きをすることとします。
    これらの手続きを怠った結果、当該パートナーに損害が発生した場合、ゲストは当該損害について賠償する責任を負担します。
  2. ゲストが予約のキャンセルを行う場合、以下に定める時点をもって、キャンセルが成立するものとします。
    1. ゲストが自らインターネットを通じて予約のキャンセルを行う場合:コドモタイケンナビ「予約状況照会画面」から予約内容が消去された時点
    2. コドモタイケンナビ事務局を通じて予約のキャンセルを行う場合:コドモタイケンナビのオペレーターが、ゲストに対し、予約キャンセルを完了した旨通知した時点
    3. パートナーに直接連絡し、予約のキャンセルを行う場合:パートナーが、ゲストに対し、予約キャンセルを了承した旨通知した時点
    4. その他の方法による場合:当社が所定の方法に従い予約キャンセル完了の通知をした時点
  3. ゲストは、体験ツアー予定日に体験ツアーに参加することができないことが判明したとき、速やかに当該パートナーへその旨連絡し、当該パートナーの指示に従うものとします。なお、ゲストが当該パートナーに対しキャンセル料を支払う義務を負担している場合、当該パートナーが定めるキャンセル料を、所定の方法および期日までに支払うものとします。
  4. 当社およびパートナーは、ゲストが、事前に何らの連絡もなく体験ツアー予定日当日に姿を現さず、当該パートナーの体験ツアーをに参加しなかった場合には、無連絡キャンセルとみなし、当該ゲストの本サービスを含む、コドモタイケンナビに係る一切のサービスの利用停止または会員資格の剥奪等必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。なお、ゲストは、当該パートナーが定めるキャンセル料を、所定の方法および期日までに支払わなければなりません。
  5. ゲストが、成立した予約の変更をする場合、インターネットを通じた予約はインターネット上で変更手続きをすることとします。なお、インターネットを通じて予約したゲストは、予約内容照会画面における「インターネットからの変更可能日時」を超えて予約の内容を変更しようとする場合、自己が予約したパートナーに対して直接連絡のうえ、速やかに予約内容変更の手続きを行うものとします。但し、ゲストは、コドモタイケンナビ上でGMOペイメントゲートウェイ株式会社のオンラインカード決済サービスを利用し予約を行った場合で、当社が別途定める変更可能な項目以外の変更を行う場合には、当該予約を一度取消した上で、改めて予約操作を行うものとします。なお、ゲストは、コドモタイケンナビ上の空き状況によっては、取消操作後の再予約ができない場合のあることを予め了承するものとします。
  6. ゲストが予約の変更を行う場合、以下に定める時点をもって、変更が完了するものとします。
    1. 会員が自らインターネットを通じて予約の変更を行う場合:コドモタイケンナビの「予約状況照会画面」に表示される予約内容が変更された時点
    2. コドモタイケンナビ事務局を通じて予約の変更を行う場合:オペレーターが、ゲストに対し、予約内容の変更を完了した旨通知した時点
    3. パートナーに直接連絡し、予約の変更を行う場合:当該パートナーが、ゲストに対し、予約変更を了承した旨通知した時点
    4. その他の方法による場合:当社が所定の方法に従い予約変更の確認通知をした時点
    5. ゲストは、コドモタイケンナビ上の空き状況によっては、取消操作後の再予約ができない場合のあることを予め了承するものとします。
  7. 成立した予約の変更手続の実施日によっては、当該パートナーが定めるキャンセル料が発生することがあります。 その場合、ゲストは、当該パートナー所定の方法および期日までにキャンセル料を支払わなければならないこととします。
  8. ゲストが予約のキャンセルを希望しない場合においても、当社が、ゲストによる体験ツアーに係る予約内容につき、法令等に抵触すると判断しうる場合または合理的に不適切と判断できる場合には、当該パートナーが、当該予約をキャンセルする権利を有するものとします。

第5条(ゲストの遵守事項)

  1. ゲストは、コドモタイケンナビを利用することにより得られる情報を、当社およびパートナーの事前の承諾なく自己の私的利用以外の目的で複製・送信しない他、方法の如何を問わず第三者による利用に供しないものとします。
  2. ゲストは、予約金等が必要なパートナーを予約する際には、当該パートナーの定める期日までに当該予約金等を納めるものとします。なお、ゲストが当該パートナーの定める期日までに予約金等を支払わなかった場合においても、当該予約はキャンセルされません。
  3. 前項で、パートナーが、ゲストの登録した連絡先へ電子メール等により予約金等の支払の催告を行ったにもかかわらず支払が為されない場合、または連絡が取れない場合には、当該掲載施設が当該予約を無連絡キャンセルされたものと判断する権利を有することを、ゲストは予め承諾します。ただし、当該パートナーからゲストに対し、当該予約を取り消した旨の通知がない段階では、当該予約は有効であるものとします。
  4. ゲストは、自己の責任において直接パートナーとの契約を履行するものとし、プログラム提供サービスに関する問い合わせ・要望等は当該パートナーに対して直接行うものとします。
  5. 前4項の他、ゲストは、パートナーが別途定める条件・規則等を十分に理解し遵守するものとします。
  6. ゲストは、本サービスを利用するにあたり、次の行為をしてはならないものとします。
    1. 第三者になりすまして情報を送信または書き込む行為
    2. 当社の承認した以外の方法により本サービスを利用する行為
    3. 有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為、スパムメール、チェーンレター、ジャンクメール等を送信する行為
    4. 当社または第三者の著作権、その他知的財産権を侵害しまたは侵害するおそれのある行為
    5. 当社、パートナーおよび第三者を誹謗、中傷しまたは名誉を傷つけるような行為
    6. 公序良俗に反する内容の情報、文書および図形等を他人に公開する行為
    7. プログラム提供サービスの利用者またはゲスト個人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号等について、故意であるか否かを問わず虚偽または不備のある情報を登録する行為
    8. パートナーの請求する予約金、キャンセル料または利用料金の不払(理由の如何を問いません)
    9. パートナーでの暴力行為等、当社または第三者に対する迷惑行為
    10. 同日程で複数のパートナーのプログラムを予約するなど、プログラム提供サービスの利用が不可能と認められる予約行為
    11. 他者への転売や商用目的での予約と認められる予約行為
    12. その他法令に違反する、または違反するおそれのある行為
  7. 前項各号の一に該当するゲストの行為によって、当社または第三者に損害が生じた場合、ゲストはすべての法的責任を負担するものとし、当社および第三者に損害を与えないものとします。
  8. 第6条に基づき、当社が体験ツアーに係る予約をキャンセルした場合、ゲストは、当該パートナーに係るキャンセル料を納めるものとします。
  9. ゲストは、体験ツアーの内容について苦情を有する場合、その場で当該苦情を当該パートナーに対して申し立てるものとします。
  10. ゲストが未成年者の場合は、法定代理人の同意を得て予約を行なうものとします。万一、法定代理人の同意があると偽った場合や、成年者であると偽った場合は、その行為について取り消すことはできません。

第6条(ゲストの遵守事項の違反)

  1. 当社は、ゲストが前条の遵守事項に違反した場合、その他当社が本サービスの運営上不適当と判断した場合には、当該行為を停止させ、当該ゲストと当該パートナーのツアー体験契約をキャンセルし、または掲載情報を削除する権利を留保するとともに、当該ゲストの本サービスを含む、コドモタイケンナビに係る一切のサービスの利用停止、会員資格の剥奪もしくは損害賠償請求等必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。
  2. 当社は、ゲストが前条の遵守事項に違反していると推測される場合、その他当社が本サービスの運営上不適当と合理的に判断した場合には、当該行為の詳細についてゲストに確認させていただくことがあります。

第7条(レビューの利用)

  1. 会員は、当社がコドモタイケンナビ内に設ける「レビュー」(以下「レビュー」といいます)を、別途当社の定める「レビュー・パートナーからの返信投稿のルール」(以下「投稿のルール」といいます)に従い投稿することができるものとします。
  2. 本規約と投稿のルールに相違する規定が存在する場合には、レビューに関する事項については、投稿のルールを優先して適用するものとします。

第8条(著作権)

  1. ゲストは、コドモタイケンナビを通じて提供されるすべてのコンテンツについて、当社の事前の承諾なく著作権法で定めるゲスト個人の私的利用の範囲を超える使用をしてはならないものとします。
  2. 本条の規定に違反して紛争が発生した場合、ゲストは、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社および第三者に一切の損害を与えないものとします。

第9条(掲載情報の加減)

  1. コドモタイケンナビに掲載される団体は、当社またはパートナーの都合により、ゲストへの事前の通知なく変更(追加および参画の終了を含みます。以下同様)される場合があり、ゲストは予めこれを承諾するものとします。
  2. 前項の規定に基づき、パートナーが変更された時点において、ゲストと当該パートナーの間でツアー体験契約が成立している場合には、当該契約は有効に存続するものとし、パートナーの変更は、当該ツアー体験契約に対し何らの影響も及ぼさないものとします。

第10条(コドモタイケンナビおよび本サービスの一時的な停止)

  1. 当社は、次の各号に該当する場合にはゲストへ事前に通知することなく、コドモタイケンナビおよび本サービスの一時的な運用の停止を行うことがあります。
    1. コドモタイケンナビの保守または仕様の変更を行う場合
    2. 天災地変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、コドモタイケンナビおよび本サービスの運営ができなくなった場合
    3. 当社が、やむを得ない事由によりコドモタイケンナビ本サービスの運営上一時的な停止が必要と判断した場合

第11条 (個人情報の取扱い)

  1. 当社が、コドモタイケンナビ本サービスの向上、分析および運営上必要と判断した場合、個人を特定する情報を消去した後、分析および第三者へ提供することがあります。

第12条(当社の免責)

  1. 当社は、掲載施設の営業状況等につき調査する義務を負わないものとします。
  2. 当社は、体験ツアーの内容等について何等の保証もいたしません。また、パートナー等に関する情報は、当該パートナーが直接コドモタイケンナビに登録したものであり、当社は、当該情報の正確性、完全性または有用性等についても保証いたしません。万一、体験ツアー等に関連して何らかのトラブルがゲストとパートナーの間で生じた場合にも、当該トラブルが当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は何らの責任も負いません。
  3. 自然災害、回線の輻輳(ふくそう)、機器の障害または保守のための停止、掲載施設の参画の終了等による情報の損失、遅延、誤送、または第三者による情報の改竄や漏洩等により発生した損害について、当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は、何ら責任を負いません。
  4. 前各項の他本サービスに関連して発生したゲストとパートナー間の一切の紛争について、当該紛争が当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は何ら責任を負いません。
  5. 前各項の規定に則り当社が責任を負う場合であっても、当社の故意または重過失がない限り当社の責任は直接かつ通常の損害に限られるものとします。

第13条(規約の変更)

  1. 当社は、ゲストに事前の通知をすることなく本規約および諸注意等の変更(追加・削除を含みます。以下同様)をすることがあります。必ず本規約および諸注意等を本サービスご利用の都度ご確認下さい。
  2. 本規約および諸注意等の変更後、ゲストが本サービスを利用した場合、当社はゲストが変更後の本規約および諸注意等を承諾したものとみなします。

第14条(権利義務の譲渡禁止)

  1. ゲストは、本サービスに関するゲストとしての地位および当該地位に基づく権利義務を、当社が予め承諾した場合を除き、第三者に譲渡し、または担保に供してはならないものとします。
  2. ゲストが前項に違反した場合、当社は、当該ゲストと当該パートナーのツアー体験契約をキャンセルし、または掲載情報を削除する権利を留保するとともに、当該ゲストが本サービスを含む、コドモタイケンナビに係る一切のサービスの利用停止、会員資格の剥奪もしくは損害賠償請求等必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。

第15条(準拠法および管轄)

  1. 本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条(反社会的勢力の排除について)

  1. ゲストは、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行わないことを、将来にわたっても表明するものとします。かかる表明に違反した場合には、当社は、当該ゲストと当該パートナーのツアー体験契約をキャンセルし、または当該ゲストの本サービスを含む、コドモタイケンナビに係る一切のサービスの利用停止、会員資格の剥奪、その他本サービスに付随する各種契約の解除、もしくは損害賠償請求等必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。

附則

本規約は2020年7月1日から実施します。